終活を成功させる5つのポイント

終活とは、お子さまが独立したり、仕事に一区切りがついたこれからのセカンドライフをよりよく過ごすための準備のことです。
『葬儀の相談室』がおすすめしている【終活を成功させる5つのポイント】をご紹介します。

ポイント1 自分史をまとめる

null積み重ねてきた人生をさらに豊かにするため、今までのご自分の歴史を整理し、そしてこれから希望や要望をまとめるために自分史となるエンディングノートの活用をおすすしています。

『葬儀の相談室』では、ご相談にいらっしゃったみなさまにオリジナルのエンディングノートを無料でプレゼントしております。葬儀のプロや終活の専門家と共に作った充実した内容の1冊です。
また、エンディングノートの書き方セミナーなど開催情報もご案内しております。詳しくはこちらの『おしらせ』でお確かめください。

ポイント2 介護が必要になった時のご自分の望みを明確にする

null人は誰でもいつか介護施設や医療機関にお世話になる時がきます。エンディングノートに記載できる章があれば、介護を頼みたい人、介護を受ける場所や費用のことなどを明確にしておきましょう。その時に大切なご家族やご親族の方が迷わずに済むからです。

ポイント3 正しい遺言書を作成する

null遺言とは自分が生涯をかけて築き守ってきた財産を有効に、有意義に活用してもらうための意思表示です。
そしてそれを書面として残したものが遺言書(遺言状)です。

一般的に遺言書は2種類あります。
ひとつは自分で書く「自筆証書」と公証役場で公証人に作成してもらう「公正証書」です。
「自筆証書」はトラブルになるケースが多く、せっかく書いても無効になってしまいます。
自分の意思をしっかり伝えるための正しい遺言書を作りましょう。
『葬儀の相談室』では遺言書のプロ、国家資格である行政書士をご紹介いたします。
お気軽にご相談ください。

ポイント4 葬儀のご自分の望みを明確にする

null人生最後の儀式を自分で演出したい・・・という方が増えています。
宗派の確認、親しい人たちだけの小さなお葬式がいいのか、たくさんの人たちに囲まれて送られたいのかなど・・・しっかり確認することが大切です。またお墓や仏壇に関しても新たに購入するのか今あるお墓や仏壇でもよいのかなど希望を明確しておきましょう。
葬儀や仏壇のプロがいる『葬儀の相談室』にぜひご相談ください。
葬儀の事前見積も無料で作成いたします。

ポイント5 記録を残す

null預貯金、年金、保険などの大切な記録や証書。
家系図や親戚、友人などのリストなど。
記録を残しその保管場所などをきちんと家族に伝えておきましょう。

終活、葬祭に関することはお気軽に『葬儀の相談室』へお問合せください。

店舗一覧、お電話での問合せ・相談予約

お近くの相談室へお気軽にご来店、ご連絡ください。

見積依頼フォーム

葬儀費用の見積依頼フォームをご利用ください。

お問合せフォーム

専用のお問合せフォームをご利用ください。

来店予約フォーム

ご予約をいただくとスムーズなご案内ができます。来店予約フォームをご利用ください。